風力発電分野はカルコ社が力を注いでいる分野の一つです。巨大な風力発電機は大口径のシールを必要とし、海岸の風車は潤滑剤の漏れや軸受、ギアボックスの損傷を避けるために、より信頼性が高く、長持ちするシールが要求されています。

カルコ社は、耐摩耗性、耐寒、オゾン耐性を有する弾性材料の直径数メートルの軸受用回転軸シールを製造しています。

“ISP”および“CSP”技術により、割型シールの現場での接着が可能になります。カルコ社の技術スタッフは、お客様のリクエストに応じて、世界中のどこでもシール交換作業のサポートをいたします。

カルコシールの「PTFEライナー」ソリューションは、回転軸とシールの間に生じる摩擦を大幅に低減し、シールによる動力損失の削減に寄与します。

加硫フィンガーばね付きのカルコシール/UN/06型は、特大サイズの回転軸用シールの取付けの解決策です。

 

風力発電 Component