水力発電装置は、カルコ社の古くからの市場で、100以上前にアルプスの
水力発電所に初めてシールを提供しました。

長い年月を経て、技術は進化し、現在の水力発電所には必要とするシール形状・材料の種類も多く増えています:

  • カプラン、フランシス、ペルトン水車
  • ボールバルブとバタフライバルブ
  • サーボモータ
  • ゲート車輪用軸受
  • ゲート油圧シリンダー

カルコ社の技術部は水潤滑式アプリケーション向けのシールに関しても、適合なガイドラインを提示します。

“ISP”および”VSP“技術は、装置部品の分解が困難な場所で、現場でのシールの接合を行うことができるので、交換コストを大幅に削減できます。

水力発電装置 Component